Read Article

GARMIN(ガーミン)があなたの命を救ってくれるかも!!

GARMIN(ガーミン)があなたの命を救ってくれるかも!!

ガーミン(GARMIN)を使った緊急援助要請

2020/04/13 18:00

ランニング系スマートウォッチのガチレビューを、趣味と仕事を兼ねてがっつりご紹介。

マラソンとミスチルをこよなく愛するドM
サポートスタッフ☆サクラギです^^

さ、今回紹介する GARMIN の機能は、なんと・・・

緊急援助要請機能!!

この機能、例えばランニング中に「強い衝撃を受けた!」とGARMINが判断すると、
設定した緊急連絡先にその事故のことと、事故があった場所をメールで通知するという機能です。

え~!そんなことまでぇ~!?

ってな機能ですよね^^

では、説明します!

この機能を使うには、GARMIN端末と一緒にGarmin Connectをセットアップしたスマホがあって、
それがBluetoothでつながってる必要があります。

まず、Garmin Connectで緊急連絡先を設定しましょう。

Garmin Connectの設定画面から
「セーフティトラッキング」→「事故検出と援助要請」→
「緊急連絡先の追加」と進みます。

この画面で名前を入力して電話番号を登録します。

この電話番号の登録には
番号の前に国コード(日本の場合+81)が必要です。

例えば、電話番号が 090-1234-5678 の場合、

+81 90-1234-5678

と入力します。

登録ができると、登録された連絡先にSMSでそのことが通知されます。

自分はいちおーよめさんを登録しましたが、
幸いにも削除してもらいたい連絡はありませんでした^^

さ、これで準備完了です。

では、事故にあってみましょう!

とはいえ、ガチで車にひかれたりするわけにもいかないので^^
ためしに、ガーミンを付けてる腕を全力で振り回してみました。

すると・・・うまく事故検知してくれました^^

事故を検知したらこの通知中のカウントダウンが始まります。
この間ならキャンセルはできます。

カウントダウンが終わると通知されます。

そのあとは通知した内容が表示されます。

このとき相手にはこんなメールがとんでます。

この位置情報のURLをタップしたら、
GoogleMapでその場所が表示されます。

また、その現在地からのルートまでも表示。
便利ですよね~^^


で、もし事故でもないのに送信してしまった場合、
または、送信したけど大丈夫だった場合は

「私は無事です」を送信しましょう。

そのとき相手はこんな感じ。

どーです!? めちゃめちゃすごくないですか??!

今回はデバイスが事故を検出したらメッセージを送信する、事故検知の機能を使いましたが、
これは補助的な機能で100%通知できる保証はありません。
万が一を考えて複数の連絡手段はあった方がいいです。

ただ、保険としては十分使える機能だと思います。

また、特定のキーを長押しすれば
(foreathlete245の場合、LIGTHキーを長押し)
手動で援助要請をすることもできます。

普通のランニングならそんなにないかと思いますが、
たとえば山の中を走るトレイイルランニングとかなら、最悪、滑落する可能性もあります。

そのとき、この機能があなたを救ってくれるかもしれません。

いやこれマジで、そう思います!!

この時代、なにが起きるかわかりません。
対応機種をお持ちの方はぜひ設定しておきましょう!

この機能は当店の取り扱いでは

foreathlete245/music
foreathlete945
foreathlete45/45s

が対応機種になります。

さぁ、ランニングを、もっと楽しく安全に^^
楽しんでいきましょ~!!

この記事を書いた人

アイゲット
Return Top