Read Article

【検証】ガーミン(GARMIN)は充電しながら走れるのか??

長距離ランナー必見

2020年9月4日16:33

ランニング系スマートウォッチのガチレビューを、
趣味と仕事を兼ねてがっつりご紹介。

マラソンとミスチルをこよなく愛するドM
サポートスタッフ☆サクラギです^^


さて、今回ためしてみる内容は、
もしかしたら普通の方にはあまり必要のない情報かもしれません。

ただ、変態系ガーミンユーザーさまには
結構使える情報ではないかと思います!


はい、今回やってみたのは

ガーミンは充電しながら走れるのか??


最近はガーミンのバッテリー稼働時間も伸びてきて
GPSモードの場合で

ForeAthlete 45s が最大11時間
ForeAthlete 245 が最大22時間

vivoactive 4S が最大16時間

そしてわたくしも愛用するソーラー充電併用の
Instinct Dual Power が最大30時間(ソーラー充電マックスで+8時間)

と、フルマラソンなら十分足りますし、
FA245 や Dual Power なら100kmクラスのウルトラマラソンでも耐えられると思います。


ですが、世の中にはそれ以上の時間を必要とする
そんな変態さんがいらっしゃいまして^^


今度自分が参加予定の沖サバも
(ま~こちら、変態系の極みですが^^)
距離が400km、制限時間72時間。

Dual Power のバッテリー節約モードなら70時間+αありますが、
最後までもつかは不安です。



だから!

ただ単に自己都合のためにためしてみたんです!^^!



ガーミンは充電しながら走れるのか??



さ、検証しますよ!


使用するのはワタクシの相棒 Instinct Dual Power Camo

まずは充電をずっとせずに普通に使って
バッテリーを減らしました。

このモデル、ただでさえ長時間バッテリーなので
充電減らすまで時間かかっちゃいましたよ^^


んで、バッテリーをそこそこ減らしてから、
このようにモバイルバッテリーと接続したままで、
ランモードに入ります。

裏側はこんな状態ですね。

当然ながら腕に付けて走ることはできないので
この時はポケットに入れておきました。

ケーブルがうまい具合にポッケにはまって
ほぼ揺れることはなかったです。

ま、バッグを背負って走るならその中でもいいかと思います。


あ、充電中は心拍計測は止まります。
腕に付けれないし、まぁそうなりますよね。


さ、走り始めます。
最初はバッテリー残量12%でした。

途中ちょこちょこ確認しましたが
順調にバッテリーも上がってました。

走った距離やタイムのデータも
まったく問題なさそうです。


ちなみにこれもおためしで、
途中であえて充電ケーブルを外して普通に腕に付けて走りました。

ちゃんとその間は心拍データもとってましたね。


そしてランニング終了~。

充電しながらでも、データはいつもと同じ。
全く問題ありません。



そして約50分走って(途中5分ほどケーブル外してましたが)
充電はどうなったかというと・・・

12% → 35%!

走りながらでもしっかり充電できてました♪

モバイルバッテリーをしっかり準備しておけば
100kmを超えるウルトラマラソンでも大丈夫です^^


問題があるとすれば、
腕に付けてないので、今の距離とか速さとか、
その状況の確認が面倒なくらいでしょうか。

まぁ、長~い時間をかけて楽しむウルトラマラソンです。
ちっちゃいことは気にせずいきましょう^^



この「走りながら充電」今回は Instinct でためしましたが
ForeAthlete235 と fenix6 ではできることを確認しました。

他のシリーズも最近のモデルならできるかと思いますが、
全てのモデルで動作確認はできていませんので、
気になる方はガーミンサポートでご確認ください。


ガーミンサポートはナビダイヤルで

0570-049530 で時計型製品の 1 を選んでそのあとが

1 foreAthleteシリーズ

2 vivoシリーズ

3 fenixシリーズ

4 Instinct他

5 Suicaに関する問い合わせ

になります。

※ガイダンスの途中でも操作できます



以上、日本中の変態さんに送る
常人にはどーでもいい情報でした~^^

この記事を書いた人

アイゲット
アイゲット
Return Top